profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年7月31日「畑のおじさん」

 

 このブログ「畑の日記」は2006年の6月からが始まりました。
 引っ越しをして畑から遠い所に住むようになった2009年から
 なかなか更新できなくなりました。
 昨年2012年9月の更新を最後に今に至るまでそのままになっていましたが、
 今日の記事を最後に、このブログを閉じようと思います。


summer.jpg


 更新できなくなった理由は、
 おじさんの畑が昨年2012年の秋に閉じられ、そして
 今年の春、おじさんが亡くなったからです。

 更新を楽しみにしてくださっていた方には
 突然のお知らせになってしまいすみません。

 
autumn.jpg


 畑が閉じられたあとは、
 ご自宅でおじさんにお目にかかるようになりました。
 畑にも通っていましたが、その様子を
 記事にすることはできませんでした。


winter.jpg


 ご自宅にうかがっても、おじさんは外で仕事をしていました。
 畑によらせてもらっていたときと同じように
 帰るときには何かを持たせないと気が済まないとでもいうように
 庭の柿の実や、夏みかんを採ってくれました。

 
spring.jpg


 そして今年2013年の3月の末、おじさんの訃報が届きました。
 ご家族にとっても、突然の、あっという間のことだったとうかがいました。
  

haru.jpg


 以前は畑を訪ねておじさんとおしゃべりをしていたように
 今は、おじさんのご自宅を訪ねて、おばさんやご家族の方と
 おじさんの話はもちろん、いろんなお話をするようになりました。

 死はすべての終わりではなく、
 記憶を繋げることで人も命も続き、
 しかも新しく紡ぎ出されることを感じています。

 『考える人』という季刊誌に「娘と私」というエッセイを連載しています。
 最新号の2013年夏号に「畑のおじさん」という文章を書きました。
 ブログには書かなかったこと、書かないことにしていた領分にも
 少しだけ踏み込んで書きました。
 ご高覧いただければ幸いです。


 今まで、ブログ『畑の日記』をご高覧いただき、
 どうもありがとうございました。
 このご縁での未知の方とのメールのやりとりも、
 私の宝となりました。

 おじさんからは、計り知れないほどたくさんのものを
 今でもずっといただいています。
 ただただ、感謝です。

 ご冥福をお祈りします。


hatake:koya










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。