profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月10日 午後の畑 その2




おじさん3


おじさんは、小さな広場の木々を剪定した枝の片付けをしていた。
驚かさないよう、近づきながら、声をかける。

 おじさん、こんにちは

 しばらくぶりだな、元気だった?

 この前はお野菜、ありがとうございました
 いつも手紙はいらないって言うから、礼状も出さなかったけど

 あぁ、いいんだよ

 あかるくなりましたね

 あっちが日陰になるからな

奥の畑のことだ。小さな広場の木々は、散髪されてすっきりした子どものように
剪定され、切り落とされた枝もまたきれいに束ねられている。

 こんなに切っても、栗、成りますか

 なるよ。それに、下にもあるし

 下の森にも、栗の木は数本ある。

 私も家の庭の伸び放題の木を剪定したいけど、
 おじさんみたいにわかってる人がやらないと
 すっきりさせようって、適当に切るのは木に良くないですよね

 そうだな
 近かったら行ってやるんだけどな

ふと気がつくと、木に夏みかんが。
休憩用だろうか。
小さな果樹園の夏みかんが鈴なりになって
枝がしだれていたから、きっとあの木のみかんだろう。


みかん


 柿、柿の苗木、芽が動く前に植えた方がいいから
 来れる日がわかれば、玉に作っとくし
 送ることもできるんだろうけど

 じゃあ、今度は車で来ます
 芽が動く前って、いつ頃までがいいですか?

 遅くとも、彼岸前だなぁ

 植える場所、どういうところがいいですか?

 そうだな、あんまり風が当たらないところがいいな
 そうしないと、葉が摺れて実に傷がつく
   
家の庭とは呼べない、まだ荒れ放題の庭のどこがいいだろう。
思い浮かべて、ちょっと途方に暮れる。

 そのまんま植えられるよう、作っておくから
 植え方も教えてやるよ

 じゃあ、今度は車で、子どもと一緒に来ます
 
 来る日がわかったら、電話してくれれば、
 2、3日前には作っとくから


空豆


12月10日に畑に来たときに、太ねぎの畝の間に育ち始めていた空豆
寒さを身にして充実している
明けがたの、一瞬の青い空が映り込んだまま定着したような、
何とも言えない、緑色。

 カリフラワー、持ってく? そろそろ、最後だから

カリフラワーを2つ、夏みかんを6個いただいた。

 まだちょっと早いから
 2週間ぐらいしてからのほうがおいしいよ

そう言いながら、夏みかんを選びながら収穫。
最後の2つは彩りに少しだけ葉を残して採ってくれた。






*「畑の日記」が、本になりました。

表紙

タイトルは 『おじさんの畑は、今日もにぎやか。』

2006年6月に始まり、2009年に至るまでの日記から選んだ記事を
1冊にまとめました。240ページ。うち、ほぼ半分はカラーページです。

PHPエディターズ・グループから発売。定価1600円(税別)。
本が、より多くの皆さんに届いて欲しいと願っています。
ご覧いただいての感想をいただけると幸いです。
どうぞ、よろしくお願いします。



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。