profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月10日 冬の畑・その3



キャベツ


柿の苗木と芍薬の芽を確認し、小屋に到着して、桜の木の下で休憩。

 参ったよ
 11月に、なかなか風邪がなおんなくて 
 2週間くらい遊んじゃったよ

おじさんの「遊んじゃった」は、畑仕事をしなかった・できなかった、の意味。
驚いたことにおじさんは煙草をやめたのだそうだ。

 別に苦にはなんないよ
 
 よく、口寂しくて間食して太る人もいるようだけど

 そういうこともないなぁ……
 でも、食べ物がおいしいよ
 16んときから吸ってたからなぁ、
 70年も吸ってたんだから

 忘年会や新年会で、みんなびっくりするんじゃないですか?

 ハハハ、そうだな、ハハハ

いろいろおしゃべり。
そして休憩終了

 さてと
 包丁、包丁

おじさんが立ち上がって、小屋から包丁を出してくる。
畑の中、おじさんに付いて歩く。

奧の畑でキャベツを2つ。

 こっちは日当たりが悪いから、
 大きめの苗を植えておいたんだ
 けど、やっぱり日当たりいいほうが、
 追い越してどんどん大きくなる


姫ユズ


そのまま、横の、小さな広場の方へ移動。
鈴なりの姫柚子を、はさみを使って収穫。

 そろそろ冬至だからな

持ちきれないので、折りたたんであった袋をかばんから出して広げ、
キャベツを入れたその上に,姫柚子をごろごろと入れる。


カリフラワー


次はカリフラワー。2つ。すごく大きな葉の大きな株。
キャベツだけのつもりだったけれど、袋はそろそろ満杯。

 これ、葉っぱは食べられないですよね?

 だなぁ。青汁にするのはこんな葉だけどな

それから、ブロッコリも2つ。
茎が太くて立派な株。茎がおいしそうだ。


人参


小屋のほうで人参も。
あっという間に十数本。
もう、袋には入らず、両手もうまっているので
人参はおじさんが運ぶ。

 これらは土にいけとけば、保つからな


木の葉


 白菜は無理だよな
 まぁ、また、送るよ、25日過ぎに

 前に送っていただいたさつま芋、
 焚き火で焼き芋にしたら、ものすごくおいしかったんですけど
 新しく作った種類ですか?

 いや、新しいのは作ってないよ
 鳴門金時か、紅東だよ

 どっちだったんだろう?
 見た目は、どういう風に違うんですか?

 うーん……
 見りゃ、わかるんだけどなぁ……
 口じゃ、言えないな、どこがどうって

 焼く前はそんなに色がなかったんだけど、
 焼いたら黄金色になって、ねっとりして甘くておいしかったんですよ

 そう
 同じ種類でも芋によって色も形もちがうしな
 見りゃ、すぐわかるんだけど……説明はできないな、フフフ

 子どもがお囃子あるから、今度は元旦にまたこっちに来ます
 でも、畑には来れないと思うから、また今度来たとき、
 寄らせてもらいます

 あぁ

 じゃあ、よいお年を

 風邪引かないように

 おじさんも

両手にどっしり重い野菜入りの袋を下げ、帰路につく。



そして届いたのが、「冬の畑・その2」に写真が載っている野菜たち。






*畑の日記」が、本になりました。

表紙

タイトルは 『おじさんの畑は、今日もにぎやか。』

2006年6月に始まり、2009年に至るまでの日記から選んだ記事を
1冊にまとめました。240ページ。うち、ほぼ半分はカラーページです。

PHPエディターズ・グループから発売。定価1600円(税別)。
本が、より多くの皆さんに届いて欲しいと願っています。
ご覧いただいての感想をいただけると幸いです。
どうぞ、よろしくお願いします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。