profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月24日 雨上がり




綿花


 午前中は祭りの片付けだから
 午後なら畑にいるよ

事前に電話をして、おじさんの畑に向かった。
お昼ご飯が終われば畑に出ていているかと思っていたが車がない。
神社の片付けが長引いて、お昼が遅くなったのか・・・・・・

おじさんにお引き合わせしたい同行者がいたので、
私が行く代わりに、娘におじさんの家に様子うかがいに行ってもらった。

その間、久しぶりに畑の中を歩く。

オーガニックコットンの商品を取り扱うお店の方にいただいた綿花の種。
白、緑、赤の3色。それぞれを3粒づつおじさんに差し上げた。
私も蒔いて発芽したが、植え替えが遅くなったので、まだ花が咲かない。
3種類とも花の色も違うそうで、楽しみにしているのだが。
おじさんの畑では、いくつも花が咲き、実になり始めているものもある。


ゴマ


今年のゴマ。
前回、6月19日に来たときには、芽が出たばかりだった。
途中をまったく見られなかったから、
大きく成長したゴマの畑を見ても、疎外感でなんだか寂しくなった。
そんな私の感傷には関係なく、今年のゴマも良さそう。

小屋のほうに戻ると、
助手席に娘を乗せたおじさんの車が到着。
かんかん照りの良い天気だったのに、さっきからぱらついてきた雨が
いよいよ本降りになってきた。
雨は勢いを増す。小屋で雨宿り。
小屋のトタン屋根の雨音は、雨を一層激しいものにする。
小屋の中で座れる工面をして、しばし歓談。
そのうち、雨が上がって外が明るくなってきた。

話が一段落して、表に出る。
雨に打たれた葉や枝先で、水滴がお日様の光に輝く。
植物の生命力が見えるものになって輝いているかのよう。


槙


雨上がりの畑の中を、もう一回り歩く。
帰りがけには、皆にタマネギをもたせてくれた。
昼休みの時間返上で来てくださったおじさんにお礼を言い、
雨上がりの生気溢れる畑を後にした。


小屋





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。