profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月1日 冬の夕方




小屋


あっという間に12月。
半月ぶりの畑は様変わりしていた。

夕方4時過ぎ。
残念ながら、おじさんはもう、帰った後のようだった。
日中は暖かだったが、急に冷え込んできた。

イチョウの黄色い葉が畑を覆っている。
去年もその前も見たはずの景色なのに、
また、初めて出会ったような気がする。

ホウレン草、小松菜、キャベツが順々に収穫された跡がある。
姿は見えないが、ジョウビタキの細く高い声が響く。

小さな広場の前では、
白詫び助が、もう花をいっぱい咲かせていた。
ほのかなよい香り。


wabisuke