profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月7日 月の雫




月の雫


おじさんにお土産を届けたかったので、
出かける用事の前に畑に寄ってみた。

おじさんは、畑の奥の小さな広場で作業中。
庭仕事を頼まれて、ここ2日間は植木職人をしていたそうだ。
剪定してきた薪の木の小枝が4袋。
中味を広場の木の下に広げていた。

 まだ向こうに、3袋あるよ
 昨日は暗くなるまでかかったから、
 畑に持ってくるところまでしかできなかった

 学校の近くの角の家、30年以上めんどう見てきたんだよ
 他の職人紹介したんだけど、やっぱり俺んとこでやってくれって
 大変だから若いもん頼んで、2人でやったけど・・・
 この2日じゃ終わんなかったよ
 もう1日行って、終わらせないと

きっと、丁寧な仕事なんだろうなぁと思う。
木に聞きながら、ハサミできちんと剪定しているのだろう。
 
 庭、頼まれてばかりだと、
 畑がぜんぜん出来ないよ

笑うおじさん。

 週末に山梨に行ってきたからおみやげもってきました

 え、そう、出かけてたの
 何?

 「月の雫」っていうんだけど、おじさん、知ってますか?
 生のブドウがはいってるお砂糖のお菓子です

 「月の雫」、知ってるよ
 今でもあるんだなぁ

 数ヶ月間しか作れないみたいだから、
 ある時には買ってくるんです
 私も子どものとき食べて、懐かしくて
 
 うまいんだよな
 これは甲州(ブドウ)なんだよ
 巨峰とかの甘いのじゃだめなんだ
 ありがとよ


帰りがけには、私たちのために取っておいてくれた
サトイモとナガイモの入った箱を小屋から出してくれた。
それから畑から山東菜をいっぱい引き抜いてくれた。
いつもいつも、いただいて帰るもののほうが多くなってしまうのだった。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。