profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月27日 白侘助の挿し木(9/21更新)




挿し木1


 もう、土は用意してあるよ

ずいぶん前から、それは聞いていた。
でも、新芽が固まって挿し木ができる時期になってから、 
なかなか畑に行けず、あるいは行ってもタイミング悪くおじさんに会えなかった。

それが八幡さんのお祭りの日に町内会館に来ていたおじさんと路上でばったり会い、
お祭りの終わった後に、畑に行く約束をしてこの27日、
やっと白侘助の挿し木をすることができた。

私が用意したのはメネデールという薬のみ。
あらゆる植物を元気に育てる、植物活力素だそうだ。


挿し木2


土は鹿沼土と赤玉土を混ぜてある。
こぼさないよう、バケツの中に鉢を置き、土を入れる。
同行したものの、何をするのかわかっていない娘は
おじさんのやることが不思議でおもしろくてしかたないらしい。
聞かれたことは、いちいちキチンと説明して答えるおじさん。


挿し木3


 ほい、これで10本ばかり、枝、切ってきな
 あんまり短く切らないで、10センチくらいでな

そういって、ハサミを渡される。
畑の奥の白侘助のところに行って、枝を選んで切る。
今年の新芽が固まった枝を探す。
それは以前に教えてもらっていた。
何本か切った頃、おじさんがやってくる

 どう、あった?
 なるべく枝が太い、充実したのがいいんだよ

そういって、あっという間に10本切って、
私は追い越されてしまった。

小屋の前に戻ると、メネデールを適正の濃度にした溶液が
カップに出来上がっていた。


挿し木4


白侘助の枝は、3枚ほど葉を残して、後は落とす。
残した葉は、半分切り落とす。
葉からの水分の蒸発を抑えるためだ。

それから、枝の切り口を
研ぎすませた包丁で斜めにスパッと切り、
切り口の面積を広くする。

 枝は葉っぱが3枚くらいにして、
 このくらいの長さがいいんですか?

 こんなに長くなくてもいいんだよ
 植木屋なんかは、もっと枝短くして作るんだよ
 そしたら1本から何本もとれるだろ?


挿し木5


切り口を斜めに切った枝は、メネデールの水溶液が入ったカップに挿す。

 10分位、こうやっとくんだよ

そういいながら、使わなかった枝の葉をすべて落として棒を作る。
その棒で、植木鉢に枝を挿す見当をつけるおじさん。

 うん、こうやってまわりに5本で、真ん中1本かな
 

挿し木6


 さぁ、そろそろいいだろ

結局、枝ではなく割り箸を使って
1本ずつ挿していく。

おじさんのやり方を見てから、同じ作業をするのだが、
自分でも何か、どこか、頼りない。
たった、枝を挿すだけの作業のようだけれど。
今までに何百本も挿し木をしてきたおじさん。
枝と心が通じている気がする。
枝は私にはよそよそしい。


挿し木7


最後に真ん中に。

 これは、花芽がもう出てるんだよ
 ほら、これは芽だけど、こっちは花
 うまくけば、これが根付けばこんどの正月に花が咲くよ、フフフ
 もう1本とってきたから、そっちにも挿しておきな

私の鉢も最後、真ん中に花芽付きの枝を挿した。

 付いたかどうか、どうやってわかりますか?

 芽が動くから

 あ、そうか
 じゃあ、それまではこのままでいいですか?

 あぁ、このまま
 まぁこのうち、3本付けば上出来だよ

1鉢あたりなのか、全部でなのか聞き忘れたが、
いずれにしても、根付くかどうか、そんなに確率が高いものでもないようだ。


挿し木8


挿し終わって、たっぷり水をかける。
その後一度、挿したところ、枝のまわりの土を指でぐっと押さえこむ。

 こうやると、枝がぐるぐる回らないし、
 水やって浮いてきたりしないからな

そうしてからもう一度、たっぷり水をかける。

 水は毎日たっぷりやったほうがいいですか?

 いや、いらないよ
 表面が乾いたときで充分
 枝、長くしてあるから、
 表面が乾いてたって、中は湿ってるし

 あんまり日に当てないほうがいいですか?

 そうだな、直射日光はあまり当てないほうがいい
 でも、明るいところにおいて、ときどき水やりすればいいよ


挿し木9


水はけのいい土なので、しばらくそのまま置いて水きりをした。
持ち帰り用に、箱に入れてくれた。
ふれあい広場で使ったシャボン玉のセットが入っていた箱に
2つの鉢がちょうど収まった。



久しぶりの更新になりました。
あまりに遅れて、あと数日で挿し木した日から1ヶ月過ぎようとています。
まだ、芽が動いているようには見えないけれど、
残念ながら1本は茶色になってしまいました。
しかし、ということは、ほかはまだ生きているということでもあるので、
このままどうなることか、お正月に花は咲くのか、
楽しみができました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。