profile

sagesaka noriko

Author:sagesaka noriko
→URL
→mail

calender

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日 ゴマ




ゴマ


これは7月15日のゴマ畑。
そして、これが今日、30日のゴマ畑。


ゴマ


昼前に畑に行ったが、おじさんはお留守。
昨日、久しぶりのおしめりというには、あまりに激しい雷雨で、
畑の表面にもその痕跡が。
畑の通路は水が川のようになって流れたような跡がある。
しかし、倒れたり、折れたりしている様子も見あたらず、
作物には悪影響はなかったようだ。

それどころか、
久しぶりにたっぷりと水を飲み、
今日の日差しを浴びて、
ぐんぐん成長しようとしているパワーが畑中に満ちていて、
暑さ以上にクラクラしてくる。

撮影はできなかったが、今年は早々にヒメイトカメムシを発見。
毎年、一体、いつ、どこからやってくるのだろう……




スポンサーサイト

7月24日 トウモロコシ




トウモロコシ収穫

 
 なんて暑さだろう
 今日は朝から暑いな
 この前は、ありがとさん
 たすかったよ

 とんでもない、どういたしまして
 無事に終わってよかったですね
 天気もよかったし

 写真、ひとまわりしてきたら
 トウモロコシ、持っていきな
 今日、これから採るところだから


トウモロコシ

 
 花壇のヒマワリ、お水やらなくても大丈夫なんですか?
 
 そうなんだよ、あの、しょっくちのなんか
 葉がカリカリになってきちゃってるからな
 俺も昨日見て、まいったなぁとおもったんだけど
 でも、まぁ、そのうち雨が降るだろ

 こんなに雨が降らないと、畑のほうも、
 トマトの実がしぼんできたりしないんですか?

 トマトは大丈夫だな
 キュウリはしぼんでくるけど
 水やると、水やった途端に根が張って、
 その後もずっと水が必要になるんだよ
 水、もらえると思っちゃうからな
 

小屋前


収穫後、30分も経たないトウモロコシを
茹でて食べる、贅沢な夏の昼ごはん。
パチンパチンとはじけるような歯触りのトウモロコシの実。




7月20日 ふれあい広場




風船


今年のふれあい広場、
おじさんはシャボン玉と風船と、コマのお店。
昨年同様、その他にもいろいろな出し物がある。
町内会の大人は早くから集まり、10時開始に間に合わせて、準備をする。

昨年、シャボン玉のおまけでやっていた風船が人気だった。
つぎつぎ並ぶ子どもに、ふくらめるのが追いつかなかった。
今年は始まる前に準備。
手伝いは、畑のおじさんが声をかけておいた、町内会のおじさん達。
普段、ふれあい花壇の作業を一緒にやっている仲間のようだ。

おじさんの車が、風船でいっぱいになる。


コマ


コマは、何年か前に準備した材料がいっぱい残っていたそうで、
畑のおじさんと、手伝いのおじさんの二人が木陰で作っている。
酒屋さんに持ってきてもらった、一升瓶の蓋。
楊子。丸いプラスティックの付いたピン。
これが、良く回る。


おじさん


会場の公園の中、あっちやこっちからシャボン玉が舞う。
子どもたちは、あちこち走り回って、会場の出し物を一通り楽しむ。
その最後、真ん中を広くあけて、親子リレーが始まる。

その頃には店じまいしたおじさん達は、
差し入れのかき氷を食べながら歓談中。

 やれやれ、今年も無事に終わった
 ごくろうさん




7月17日 エトセトラ




オクラ


オクラ開花。


バッタ


シソの葉。バッタの子。 


えだまめ


エダマメ。


南天


ナンテン。




7月17日 インゲン




インゲン


 インゲン、採ってやるよ

あまりの暑さに、今日は小屋の横、
柿の木の下で作業中のおじさん。
仕事が一段落したようで、撮影中のわたしに声がかかった。
ぼんやりしていたら、インゲンはもう収穫時期に入っていたのだった。


万両


おじさんに付いて、奥の畑に向かう。
奥の畑のまわりには、様々な木がある。
これは、万両の花(だと思う)。


おじさん


くぐるようにして収穫中のおじさんの肩に
枝垂れていたインゲンの枝が張り付いた。


サツマイモ




7月15日 トマトの日




キュウリの葉


何度か畑には行っていたのだが、
今日はひさしぶりに、おじさんに会うことができた。

 今日も、暑かったな
 

ゴマ

今年のゴマは、とても順調。


サツマイモ


サツマイモも茂って、だんだん地面が見えなくなってきた。

 あれ、撮った?
 ササゲの花
 咲いてるよ、紫の

ササゲの花は、1日でしぼんでしまうのか、
夕方になると一旦、閉じるのか、
ちょうど咲いている花がなかった。


カマキリ


ササゲの葉に居たカマキリ。
近づく黒い物体に、驚いて逃げ出した。
もう一度、カメラを振り返ってから、 
大急ぎで葉の裏に隠れた。

 
トマト


今日はトマトをいっぱい、いただいた。

最初の写真は、キュウリの葉。




7月5日 今日の仕事




耕耘機


 ん、さっきから、
 急にエンジンかからなくなっちゃって
 今日は午前中、イチゴ畑の耕耘して、
 昼過ぎからタマネギのところやったんだけど、
 そのあと動かなくなったんだ
 
娘と畑に到着したとき、おじさんは桜の木の下で
耕耘機の取り扱い説明書を読んでいた。

 たぶん、畑からおろすときに
 こんななって、ガソリンかぶっちゃったんだな
 明日んなれば、乾いてまた動くと思うんだけど
 ……もう、5年経ってるからこの前、保障期限切れちゃったんだ

 故障の時は農協に持っていくんですか?

 あぁ、農協で買ったから、持ってきゃ修理もしてくれるけどな
 今日も夕立がくるって予報で言ってただろ
 そこ、もう油かすまいちゃったからなぁ
 雨になると、流れっちゃうから、
 今日中にすき混んどきたかったんだけどな
 ……機械が休めって、言ってんだな
 
 おじさん、こんないっぱい道具あるの?
  
 あぁ、おじさん、道具はいろいろ持ってるよ

おじさんにすすめられるがまま、
おやつ箱から遠慮なくお菓子をいただきながら
工具箱を覗き込む、呑気な娘。

そんな二人を残し、私は畑の中を散策。
奥の方に行ったとき、耕耘機の音が聞こえてきた。
結局、品番は違うが、在庫していた新しいプラグと交換したら
エンジンがかかったのだった。
にこにこのおじさん。とりあえず、一服。
娘はまだおせんべいを食べている。

 あぁ、よかったよ
 午後はあそこ1枚耕しただけで、随分遊んじゃったなぁ
 でも、あぁ、よかったよ

先に耕した畑の土はもう白く乾いている。
おじさんは同じところを三回耕耘する。

 土がもう固まっちゃってるから
 一回じゃ上っ面しか耕せないから空気が入らないんだ
 目が粗いし 
 土の固まりが残るんだ
 固まりあると、芽が出るとき、邪魔するから出なくなる

 でも、大きくて重い機械は扱うのが大変だからな
 まぁ、三回やれば、だいたいやらかくなるよ
 でも耕した端から、自分で踏んで固めちゃうんだけどな


ネギ1


耕耘を終え、耕耘機の掃除をする。
土を全部落とし、燃料タンクを空にするために
エンジンが止まるまでそのままかけておく。
ガソリンの量はちゃんと見当付けて入れてあったらしく、
ほどなく止まる。
その間に、歯や本体の土をきれいに落とし、
部品を付けたりはずしたりして、掃除が終わる。

 さぁ、今日の仕事終わったから、ネギとってやるよ
 おいで

娘がおじさんの後についていく。
 
 納豆に混ぜてもいいし、かき揚げにしてもいいし
 このネギ、やらかくておいしいんだよ

 ん、太ネギなんだけどな
 この前、ねぎぼうず採った種カラだよ
 うちで毎年、種、とってるだろ
 そのままにしておくと、また芽が出てくるの
 新しく出た芽だから柔らかいんだ
 うまいよ

 ほらほら、それは無理だよ
 それは固いから
 こっちのにしな


ネギ2


立ち枯れして空洞の棒のようになったネギをより分け、
若い芽を選ぶ。
土の付いた表面の薄皮を剥ぐと、
輝くような白いネギが出てくる・


ブドウ


 サソリを食べるなんとかキャットっていうの、
 この前、テレビでやってたよ 
 見た?
 あれ、かわいいよなぁ

 えーっ、サソリ食べるのぉ!?
 でも、サソリって何?

 ハッハッハッハ
 
 
 
 今日、どっかの奥さん来て
 お宅のトマトはなってるけど、うちのトマトはならないって言うんだ
 しょうがないから、肥やしを少し分けてやったけど
 どうだかな

奥の畑のブドウ棚。今年はチェックの紙袋。




7月5日 トウモロコシ




トウモロコシ


畑には通っているものの、更新できないまま7月も二桁に。
ほぼ1週間前のトウモロコシの様子。
今年のトウモロコシ、とてもたくましいような気がする。

 お盆はまたおばあちゃんのとこ、帰るんだろ?
 その前に、トウモロコシ、採ってやれるかなぁ

おじさんと、娘は桜の木の下でおしゃべり。
私は畑の中を一周散策。